シェルスクリプトから自動で短縮URL付きのつぶやきをTwitterに投稿。(修正)

2010年5月2日 Linux, スクリプト関連, 雑記

長~いURLを短縮させようとすると短縮自体は成功するのに本文への反映がされないという現象を確認してしまったので急遽修正版。
修正と言っても1行消しただけなので、その他の仕様は前回と変わってない。

使い方とかはこの辺参照。

#!/bin/bash
str=”$1″
#第一引数からURLを雑に抽出し配列へ
array=( `echo “$1” | sed -e ‘s/http/nhttp/g’ -e ‘s/ftp/nftp/g’ -e ‘s/ /n/g’ | grep tp://` )
#配列に含まれる要素の数分処理
for (( i = 0; i < ${#array[*]}; i++ ))
{
  #配列2は諸事情により削除されました。
  #goo.glで配列のURLを短縮URLに/配列3へ流し込み
  array3[i]=`curl -G “http://ggl-shortener.appspot.com/?url=${array[i]}” | sed ‘s/”/n/g’ | grep tp://`
  #変数strのURL部分を差し替え
  str=`echo $str | sed “s%${array[i]}%${array3[i]}%”`
}
#文字数を軽く確認してからつぶやく
if [ ${#str} -lt 141 ]
  then
    #id、passリストから1行目を読み込み。※書式 id:pass
    IPS=`sed -n 1p ~/working/shellscript/ips.list`
    curl -u “$IPS” -d status=”$str” http://twitter.com/statuses/update.xml
  exit 0
else
  echo ‘文字数多いみたい。’
  exit 1
fi

ガチな暫定コード。これからxAuthに対応させようと思っているので、出来たらまたコード更新の予定。しぇるすくりぷったーとか参考にしようかと思ったけども、Pythonで生で実装してるコードを公開している方がいたので、勉強がてらそっちを移植してみようと思うよ。

そこまで出来れば投稿部分に関してはTwitterクライアントのシェルスクリプト実装の中では最強だもんね。あくまで投稿部分のみだけど。

コメントは受け付けていません。