“$1″秒だけ待ってやる。

2010年5月8日 Linux, スクリプト関連, 雑記

[自分メモ] dateで実行時の分、秒を取得してfor文で実行時の分、秒+指定分、秒の値になるまでdateで監視して、ウェイトもどき。というのを今考えた。シェルスクリプトの話。

こんなメモを自分に宛てて残していたので、コードを書いてみた。

#!/bin/bash
echo “$1″秒だけ待ってやる。その間に答えを出したまえ。
getDrvTime=`date -d “$1 second” ‘+%M%S’`
getTime=`date ‘+%M%S’`
until [ $getDrvTime = $getTime ]
do
  getTime=`date ‘+%M%S’`
done
echo さあ、時間だ。答えを聞かせてもらおうか!

見ての通り。第一引数で指定した秒数分だけ待ってくれるスクリプト。結局for文じゃなかった。

あ、いつもの通りいつものごとくインデントが全角。

5/8 1:50am 追記
あとからsleepコマンドとか見つけちゃったので追記。

#!/bin/bash
echo “$1″秒だけ待ってやる。その間に答えを出したまえ。
sleep “$1” && echo さあ、時間だ。答えを聞かせてもらおうか!

サラッとすっきり。

コメントは受け付けていません。