2010年6月 のアーカイブ

変数で遊んでみるとか。

2010年6月18日 スクリプト関連, 雑記

多分この二箇所が一番楽しめるところ。
ここと

test03 () {
    $1 doukashira
}

ここ

${test[2]} echo

へぇっていう感じに。

#!/bin/bash
test03 () {
    $1 doukashira
}
test=( test01 test02 test03)
for (( i = 0; i < 6; i++ ))
{
    test1=( `echo test0${i}1 test0${i}2 test0${i}3` )
    ttat[$i]=${test1[*]}
}
echo ${test[*]}
echo ${test1[*]}
${test[2]} echo
echo ${test[1]}
echo ${ttat[*]}
echo ${ttat[4]}
bbb=( ${ttat[2]} )
echo ${bbb[*]}
echo ${bbb[1]}

変数名に意味はありません。

引数を片っ端から配列に流し込んでみる。

2010年6月18日 スクリプト関連, 雑記

作業中のを部分的に切り出してみた。
こんな感じでどうかな。

#!/bin/bash
keyval () {
    i=${#kv[*]}
    kv[${i}]=”${1}=${2}”
}
keyval “oauth_consumer_key” “${consumer_key}”
keyval “oauth_nonce” “${oauth_nonce}”
keyval “oauth_signature_method” “HMAC-SHA1”
keyval “oauth_timestamp” “${oauth_timestamp}”
keyval “oauth_version” “1.0”
keyval “x_auth_mode” “client_auth”
keyval “x_auth_password” “${pss}”
keyval “x_auth_username” “${usr}”
data=`echo ${kv[*]} | sed ‘s/ /&/g’`

それなりに可変長でランダムな文字列とかsplitっぽいものとか。

2010年6月14日 スクリプト関連, 雑記

もっとマシなやり方もあるかもしれないけども、こんな感じのとか。

#!/bin/bash
echo $RANDOM | openssl sha1 | cut -c $((($RANDOM % 10) + 1))-$((($RANDOM % 10) + 20))

誰得なsplitっぽいものとか。

#!/bin/bash
split () {
    rtstr=( `echo ${2} | sed “s/${1}/ /g”` )
}
split $@
echo ${rtstr[*]}

6月末なんてすぐ来ちゃうからちょっとずつでも進めていかないと。
・・・地味にあせる。