2016年9月 のアーカイブ

cocos2d-xでクラスを追加してビルドしようとしたら2ヶ月ドハマりしたのでメモ。

2016年9月4日 Linux

前もって言っておくと、cocos2d-xとかcppに関しては完全に初学者以下のレベルだからね。
これから勉強していきましょうって段階の記事だよ。

はてな民、大学生はそこをきちんと認識して検索結果にこの記事が引っかかっても既に解決済みの案件じゃないかとか疑って、解決していないならツッコミ記事を書こうくらいの余裕を持って関連しそうな記事が無いかをしっかり確認してからツッコミ記事書いてね。
わかりやすく言うと、「はてな民、大学生は他所様の足を引っ張らないよう最大限に配慮してください。」ということです。

私と見知らぬ他人は友達同士の関係ではないので、例え見知らぬ誰かに嫌われようとも必要なら何度でも同じこと書きますよ。
最近は出来てない人ばかり見かけるけども、ごく親しい相手と赤の他人との線引きはとても大切。

で、それはともかく、Cocos2d-xの解説書を買ったんです。
スマートフォン向けのアプリとLinux向けの何かをいっぺんに作りたくて。

画像の表示とか楽ちんに進められて良いですなぁとか思いながら進めてたんだけど、サクサク進んでcpp/hファイルを追加して、さてビルドって所でドハマりしてしまったのが昨日の深夜にやっと解決したので書き残します。

開発環境は LinuxMint17.3、AndroidStudio2.1.3、ndk r10e、Cocos2d-x3.10で構築。

具体的に何が起こっていたかというと、
本にしたがって、 /proj.android-studio/app/jni/Android.mk をClasses内のcppファイルを全てビルドするように書き換えてビルドするという解説がされていたので、それを鵜呑みにして実行したものの何度やっても新規に追加したcppが無視されるというもの。

実際に書き換えないといけないのはLinux向けのビルドならプロジェクトルートの CMakeLists.txt 、Android向けなら /proj.android/app/jni/Android.mk を書き換える。
上記開発環境のもとではproj.android-studio以下のファイルじゃない。
proj.android以下のファイル。

他の環境は知らない。

放っておくと忘れきってまた同じ所でハマって血の涙を流すことになりそうなのでメモ。
知っている人からすれば何だそんなことかという内容。聞ける人が近くにいないと時間がたくさん失われるから新規に何か技術を習得しようという人は母国語が通用する範囲で素人にまで十分以上に普及しているものを使うのが良いよ。本当に。